すろーらいふ in 尾道

もうすぐリタイアを迎えるアラシックスティが広島・尾道でスローライフ。 広島カープや競馬・ゴルフなど、偏見に富んで書いてます。


もはやG1といってもいいメンバーが集まったG2・札幌記念。
ただし、狙いは先の秋のG1シリーズ。
余裕残しの仕上げになるなら、力の劣る馬にも食い込む余地はある。

◆札幌11R 札幌記念 古G2
札幌記念
【中波乱】

フィエールマン、ワグネリアン、ブラストワンピースが上位人気を形成。それぞれに死角がないわけではない。

フィエールマンは休み明けで、久しぶりの中距離のペースにとまどわないか。小回りコースであることも気になる。

ワグネリアンも脚質的に小回りコースは得意ではないだろう。

ブラストワンピースは騎手替わりが不安。川田騎手なのでうまく御せるとは思うがやはり乗りなれた騎手の方が良い。

デムーロのペルシアンナイトはマイル向き。

昨年の勝ち馬、サングレーザーはここは連覇のチャンスある。

穴は牝馬で人気の落ちているクロコスミア。

◎サングレーザー
○フィエールマン
▲クロコスミア
△ワグネリアン
△ブラストワンピース
×ステイフーリッシュ

買い目:
馬連ボックス 9・10・12・14
3連複ボックス 1・9・10・12・14


◆小倉11R 北九州記念 古ハンデG3
北九州記念
【大荒れ】

サマースプリントシリーズ。

短距離ハンデ戦で18頭の多頭数。荒れる予感。

ここまで頭数が多いと内に閉じ込められた差し・追い込み馬は脚を余し、外枠の逃げ馬は前半で脚を使わされてしまう。
 

上手く先行できた馬が勝ち負けにからむ。


人気は連勝中のミラアイトーン。大外枠がどうか。差し馬なのでもまれずにいけることはいい方向にむくかもしれない。


ファンタジストの近走はさえないが、2歳児は3連勝した素質の持ち主。距離が長かった。小倉2歳S勝ちの実績を考えて中心視。


カラクレナイは好調な牝馬。大野騎手が西下してきたのは勝算あってのこと。

シャドウノエルは昇級戦になるが52㎏の斤量なら大駆けも。

逃げ馬のモズスーパーフレアはこの枠が微妙。内のイエローマリンバとの逃げ争いが激しくなるようだと苦しい。

連勝中のディアンドルは52㎏が頼り。

◎ファンタジスト
○カラクレナイ
▲ミラアイトーン
△ディアンドル
×シャドウノエル

買い目:

馬連ボックス 8・17・18
3連複ボックス 5・8・15・17・18


◆新潟11R NST賞 古オープンハンデ
NST杯
【大荒れ】

ここもハンデ戦で荒れそうな予感。

◎スズカコーズライン
○ストロベリームーン
▲サイタスリーレッド
△アディラート
×クイーンズテソーロ



お盆休みが終わるとなんとなく物悲しい気分になる。

夏競馬も終わりに近づいてきている。

◆新潟11R 日本海S 古1600万
日本海S
【平穏】

8頭立ての少頭数で波乱の余地は少ない。馬券的妙味はないかもしれない。

好調な牝馬、ゴージャスランチ、昇級初戦のバレリオの争い。

ネイチャーレット、ノチェブランカがどこまで食い込めるか。

穴はステイパーシストか。

◎ゴージャスランチ
○バレリオ
▲ネイチャーレット
△ノチェブランカ
×ステイパーシスト

買い目:

単勝 1
馬連 1・2・4ボックス
馬単 1→2・4
3連単 1→2・4→8


◆小倉11R テレQ杯 古1600万
テレQ杯
【小波乱】

昇級初戦のモンペルデュ、ヘルディンと再昇級のメイショウサチシオの3頭が有力。いずれも好調な牝馬。

穴は休み明けのサーティグランドと幸騎手のブラックランナー。

◎モンペルデュ
○ヘルディン
▲メイショウサチシオ
△サーティグランド
×ブラックランナー

買い目:

馬連 2・3・9ボックス
馬単 2→3・9
3連単 2→3・9→5・12


◆札幌11R 札幌日刊スポーツ杯 古1000万
札幌日刊スポーツ杯
【中波乱】

ルメールに乗り替わったバリングラはここを勝ちに来た。

藤岡兄弟の、ラクローチェ、トロピカルストームが割って入る。

◎バリングラ
○ラクローチェ
▲トロピカルストーム
△イチダイ
×ディバインフォース



 

種牡馬キングカメハメハが亡くなった。

ディープについでどんどんオールドビッグネームがいなくなっていく・・・。

◆札幌11R エルムS 古G3
エルムS
【順当】

人気は武豊騎乗のグリム。ここを照準にしてきた。実績上位で逆らう理由はない。

先手をとって展開有利なドリームソルジャーは坂井騎手。ケガからの復帰でさっそく活躍している。

連勝中のリアンヴェリテ。函館コースは得意だが札幌ではどうか。砂質は違う。

◎グリム
○ドリームソルジャー
▲レッドアトゥ
△モズアトラクション
△リアンヴェリテ
×ハイランドピーク


◆新潟11R 関屋記念 古G3
関屋記念
【中波乱】

18頭の多頭数のレースで一波乱ありそうな気配。

ルメール騎乗のミッキーグローリーはここを勝ちに来た。ひといき入っているが実績からは抜けている。

NHKマイルC2着のケイデンスコール。新潟2歳Sの覇者でありコースは得意。53㎏の斤量なら逆転もある。

好調な牝馬のオールフォーラヴ、サラキアには要注意。

◎ミッキーグローリー
○ケイデンスコール
▲オールフォーラヴ
△ソーグリッタリング
△サラキア
×ミエノサクシード


◆小倉11R 博多S 古1600万
博多S
【中波乱】

8頭立てであり大きくは狂わない。

昇級初戦の、ドリームソルジャー、ラテュロスに期待。

◎ドリームソルジャー
○ラテュロス
▲アロハリリー
△カフジバンガード



 

↑このページのトップヘ