すろーらいふ in 尾道

もうすぐリタイアを迎えるアラシックスティが広島・尾道でスローライフ。 広島カープや競馬・ゴルフなど、偏見に富んで書いてます。


今年最初のG1、フェブラリーS。

注目のコパノキッキングは3番人気の支持を集めている。鞍上の藤田菜七子騎手にはプレッシャーだろう。それでも期待したい気がする。

◆東京11R フェブラリーS 古G1 ダート1600
フェブラリーS2019
【中波乱】

現時点での人気は、

1番人気 インティ 武豊
2番人気 ゴールドドリーム ルメール
3番人気 コパノキッキング 藤田

G1レースでありそれなりの実績は必要。

格条件を満たす馬は、

ゴールドドリーム
インティ
ノンコノユメ
モーニン

この中から勝ち馬が出そう。

ノンコノユメ、モーニンは近走が不満の残る結果。どちらかを選ぶとすれば根岸S4着のモーニン。

勢いのあるインティだが、勢いだけで勝てるほどG1は甘くない。いつものように逃げの戦法だが、他馬の目標にされる不利がある。道中どれだけマイペースで行けるかがカギ。

安定性という点ではやはりゴールドドリームに分がある。

◎ゴールドドリーム
○インティ
▲サンライズノヴァ
△コパノキッキング
△ユラノト
×クインズサターン
×モーニン


レース結果

1着 ○インティ
2着 ◎ゴールドドリーム
3着 △ユラノト

馬連 430円的中
3連複 2310円的中



◆京都11R 大和S 古オープンハンデ ダート1200
大和S
【大荒れ】

ハンデは拮抗。

逃げ・先行馬が多く差し馬有利の流れだが・・・。

◎ウインオスカー
○タテヤマ
▲スズカコーズライン
△ヴェンジェンス
△ゼンノサーベイヤー
×ナンチンノン


レース結果

1着  ヤマニンアンプリメ
2着  ジューヌエコール
3着 △ヴェンジェンス



◆小倉11R 小倉大賞典 古G3ハンデ 芝1800
小倉大賞典2019
【中波乱】

前走の金杯3着のタニノフランケルが1番人気だが、そこまで信頼性は高くない。

休み明けが嫌われているスティッフェリオは妙味あり。

◎マイスタイル
○スティッフェリオ
▲マウントゴールド
△ブラックスピネル
△レトロロック
×マルターズアポジー

 
レース結果

1着 ○スティッフェリオ
2着  タニノフランケル
3着  サイモンラムセス



今週の目玉レースはなんといっても、フェブラリーS

王者ゴールドドリームに新興勢力のインティやコパノキッキングが挑む形。

コパノキッキング騎乗の藤田菜七子騎手は初めてのG1騎乗が話題になっている。

土曜日にフェブラリーSの資金を稼ぎたい。


◆京都11R 京都牝馬S 古牝G3 芝1400
京都牝馬S2019
【中波乱】

ターコイズS上位馬が人気を集めそうだが一筋縄ではいかない。

1番人気が予想されるミスパンテールは昨年の勝ち馬。やはりこのくらいの距離が適性なのだろう。

前走と同じようなメンバー構成でこれなら人気に応えてくれそう。気になるのは前走勝ちの反動くらい。


ターコイズS2着のリバティハイツは休み明け好走の反動と1㎏増になる斤量が不安材料。

前走人気を裏切ったディメンシオンが巻き返し。

休み明けになるが、エイシンティンクルがマイペースで逃げられれば面白い。

決め手のあるワントゥワンが単穴。

◎ディメンシオン
○ミスパンテール
▲ワントゥワン
△アルーシャ
△エイシンティンクル
×デアレガーロ


レース結果

1着 ×デアレガーロ
2着  リナーテ
3着  アマルフィコースト



◆東京11R ダイヤモンドS 古G3別定 芝3400
ダイヤモンドS2019
【小波乱】

ハンデ戦でも少頭数であり大きくは狂わない。

前走まさかの敗戦を喫したユーキャンスマイルだが、このメンバーなら負けられない。

前走でユーキャンスマイルと接戦だったグローブシアターが逆転できるか。

昨年3着のソールインパクトはオーストラリア遠征後、久しぶりのレース。リフレッシュできていれば好走可能。


◎ユーキャンスマイル
○ソールインパクト
▲カフェブリッツ
△グローブシアター
△ルミナスウォリアー
×ブライトバローズ


レース結果

1着 ◎ユーキャンスマイル
2着  サンデームーティエ
3着 ▲カフェブリッツ



◆小倉11R 和布刈特別 古1000万 ダート1700
和布刈特別
【波乱必至】

1000万クラスのローカル戦で混戦。

◎シンゼンドリーム
○テイエムチェロキー
▲スズカフロンティア
△ヒルノサルバトール
△ブルーミン
×ランバージャック


レース結果

1着 ◎シンゼンドリーム
2着  ドルチェリア
3着  マイネルオスカル




三冠レースへの登竜門、共同通信杯。

今年は7頭という少頭数だが、クラシックに向けてみておくレース。

◆東京11R 共同通信杯 3歳G3 芝1800
共同通信杯2019
【中波乱】

2歳チャンピオン、アドマイヤマーズがここからクラシックへ。
現在4戦負けなし。気になるのは距離延長だが、200mならこなせるだろう。

こちらも2戦負けなしのダノンキングリー。血統的にはこちらのほうが距離に融通性がありそうだ。

クラージュゲリエは3戦2勝だが、相手関係を考えると一枚落ちる印象。

フォッサマグナは1勝馬だが、新馬戦のレベルは高かった。ここは試金石になるがあっさりの場面もあるかもしれない。


◎アドマイヤマーズ
○ダノンキングリー
▲フォッサマグナ
△クラージュゲリエ
△ナイママ


レース結果

1着 ○ダノンキングリー
2着 ◎アドマイヤマーズ
3着 △クラージュゲリエ

馬連 330円的中
3連複 390円的中



◆京都11R 京都記念 古G2 芝2200
京都記念2019
【中波乱】

実績ならダービー馬のマカヒキだが、まだ本調子ではない。

抜けた馬がいないため意外な高配当も期待できそう。

◎ステイフーリッシュ
○ノーブルマーズ
▲マカヒキ
△タイムフライヤー
△パフォーマプロミス
×ハートレー


レース結果

1着  ダンビュライト
2着 ◎ステイフーリッシュ
3着 ▲マカヒキ



◆小倉11R 関門橋S 古1600 芝1800
関門橋S
【小波乱】

多頭数で波乱の可能性大。

◎カフジバンガード
○ラセット
▲スカーレットカラー
△アテンフェスタ
△シャルルマーニュ
×レノヴァール


レース結果

1着  アウトライアーズ
2着  メイショウフェイク
3着 ○ラセット


↑このページのトップヘ